English pages

明治潜穴公園(松島)
明治潜穴1 明治潜穴2 明治潜穴3 松島の品井沼という地区の洪水対策と干拓目的で作られた松島湾に流出する人工の川(高城川)のトンネルです。 この地区はかつて広大な沼地(品井沼)が広がっていて、鳴瀬川からの逆流による洪水で度々大きな被害を受けた事を背景に干拓事業が始められました。 元禄時代に(1698年)最初のトンネル(元禄潜穴)が完成。元禄潜穴があまり機能しなくなってきた為、 新たなトンネル(明治潜穴)を明治39年(1906年)に完成させました。この二つのトンネル工事では多くの犠牲者を出したそうです。 さらに昭和に入り、吉田川と鳴瀬川から完全に切り離す為、吉田川の下を横断(サイフォン式)させる工事などを行っています。 明治潜穴は東京駅のような赤レンガが当時を偲ばせます。現在も立派に機能している日本の中世から近代にかけて作られた歴史的治水土木事業です。 アバロンから車で15分


地図内のご覧になりたいポイントのシンボル緑のシンボルをクリックして下さい。
松島湾マップ



Hotel Reservation and Questions
mail@bistroabalon.com
Call for+81 22 354 5777
Blog Team-ABALON

Copyright(C)2011-2012 Petithotel BISTRO ABALON.
All Rights Reserved.
MobileSite.
QR code